読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりどり便り

鳥好きの鳥だらけブログ

今年もお世話になりました!

2016年最後に振り返ってみれば、
本年結局9個しかブログ記事更新ならず!で、
下書きだけは色々貯めていたのですが…
2017年は少しずつでも出していければと思います(><)!!

そんなわけで動けなかった2016年に
すっかり時期を逃してしまった告知です。
2016年11月発売の「世界のインコ」開発社という本の
前章で少し執筆をさせていただきました。

f:id:torizotori:20161024010558j:plain

内容紹介

色とりどりのかわいい鳥たちが大集合!
今、ペットとして犬猫に次いで人気を集めているインコ。
その種類は、300種を超えるといわれています。
本書は、そんな世界に生息する多数のインコの中から
100種類のインコ(とオウム)を写真とともに解説していきます。
監修には、『ザ・インコ&オウム』をはじめ、
インコに関する著書を多く持つ日本のインコの第一人者であり、
ヤマザキ動物専門学校で鳥類学講師をされている磯崎哲也氏が担当しております。
現在、市場にインコの種類に関してここまで大々的に扱った本はありません。
そういう意味でも本書は、インコに関心を持つすべての人たちにとって
待望の書といえるでしょう。

Amazon紹介ページより※

コンパニオンバードとしてだけではなく
オウム目の鳥、というところに重点を置いたしっかりとした
インコ・オウムの本を作りたい!との担当者さまの声の通り
様々な種類のインコ・オウムの本です。
なかなか見ないような種類も出演しており、
「ザ・インコ&オウム」等々の本でインコ・オウムの知識を
わくわくと読んできた身には、ドキドキの監修・磯崎先生!!
ほんの少しのページですし、
分類についてなど、分類和名がきちんと定まっていないので
好きな名前で呼んでいたり、お叱りを受けてしまうかもしれませんが
私の興味ある好きな分野を濃く書かせていただき
とても楽しい本となりました。
ぜひお手に取って一緒にインコ・オウムの世界を
楽しんでいただければうれしいです。
よろしくお願いいたします!

追記で大変申し訳ございません。
最大のオウム科をオオバタンと書いてしまい。
本当はヤシオウムです。個体によってはオオバタンの方が
大きいこともありますが、
基本的にはヤシオウムの方が大きいです。
つい自分の知っているコンパニオンバード内だけの
感覚で書いてしまい、
本当に申し訳ございません。

「とりどり便り」を連載をさせていただいていた
愛鳥家雑誌「オールバード」誌も10号で休刊とのことで
リニューアルからの短い期間、拙い連載でしたが、
ご覧いただいて本当にありがとうございました。
「オールバード」は私が鳥に関わる職に就く前からあった
鳥の専門誌で、今のように沢山のコンパニオンバードにまつわる
書籍やインターネットの情報・コミュニティの無かった頃からの
貴重な鳥の本だったので
ひとつの歴史が終わってしまったようでとても残念です。
若かりし頃、鳥のイベント行って写りこんでいた写真が
不意に掲載されたりしててビックリしたりしていました(笑)
また、何らかの形で復活出来れば良いなぁと思っています。

そんなこんなですっかりサボってしまった2016年ですが、
年始早々からヨウムの国際希少種登録の開始などもありますし
2017年はもっと色々発信していけるように頑張りたいです。
今年も一年、ありがとうございました!

2017年もどうぞ、よろしくお願いいたします^^)